西京区にお住まいのN様より、弊社ホームページをご覧頂き 屋根葺き替え工事をご依頼いただきました。

物件をお買いになられたN様 お住まいになられてしばらく経ち、N様ご自身が屋根に上がってびっくりされたそうです!

葺かれていた瓦は表面の塗装が剥げ落ち瓦には無数のひび割れが….

 

 

DSCN0385 DSCN0387

一見してまともな状態でない事はすぐにわかり、その後ある工務店さんに見ていただいたそうです。

すぐに葺き替えを薦められたそうです。そして弊社にもご連絡下さいました。

調査しましたところ屋根勾配が2寸に満たないものでした。葺かれてある瓦は対応勾配2寸以上なので、施工不良と言わざるを得ません。そこで屋根勾配を上げる嵩上げ木工事をご提案し、出来たスペースにスタイロフォーム断熱材を敷き詰める屋根断熱工法をお薦めいたしました。

下の写真をご覧下さい。

 

 

IMG_0122 IMG_0313

        before                                                after

右隣の瓦屋根との段差が大きく変わっています。

 

 

IMG_0123 IMG_0317

        before                                                after

こちらは左隣の屋根と比べて、一目瞭然です。

 

 

IMG_0124

手前の赤っぽい瓦はセキスイ瓦Uといい、一昔前に売れに売れた瓦です。

ところが今、このような状態になっている屋根が非常に多いです。

何故か日本瓦とコラボレーションになっていますが、前の所有者が片面のみカバー工法で重ね葺きをしたためです。

 

 

IMG_0127

現場調査の時点で判明していましたが、新築時はアスファルトシングル屋根材が葺かれてました。

カバー工法で葺かれた瓦があの様な状態にもかかわらず雨漏りしてなかったのは、下のシングル屋根材の防水性がまだ損なわれていなかったためと言えるでしょう。

 

 

IMG_0128 IMG_0131

正面の急勾配屋根に葺かれた日本瓦を撤去します。

野地に打ち付けられた横桟に瓦尻を引っ掛けて、更に釘止めをして固定されています。

防水下葺き材が何も敷かれていないので、雨漏りの跡が見受けられます。

 

 

IMG_0134 IMG_0138

瓦Uを撤去した後は、このシングル屋根材も全て取り払います。

理由は二つ有ります。

一つは少しでも屋根を軽くする事。

もう一つは嵩上げ木工事の際、基幹部になる下地を既存垂木にしっかりとビスで固定しなくてはなりません。従って既存屋根材は撤去の対象となります。

 

 

IMG_0153 IMG_0143

こちらは、既存の野地です。右の写真の様に軒先やけらばには雨が廻り込み腐食している所も有りますが、平部は目立った傷みも無く、垂木は至って健全です。

 

 

IMG_0154 IMG_0156

嵩上げ木工事に取り掛かります。920mmピッチで間柱を垂木にしっかりと打ち付け、その上に束を立てていきます。

 

 

IMG_0160 IMG_0163

IMG_0164

糸を張り、勾配に合わせて束の上に母屋を組みます。

コーナー金物を使い、全ての束と母屋を緊結し強固にしていきます。

 

 

IMG_0158 IMG_0170IMG_0175 IMG_0178

IMG_0182

今回ご依頼頂いた工事は、雨漏りを未然に防ぐ意味合いが強いところではありましたが、西向きの大きな屋根面が特に夏場の暑さが耐え難い程で、エアコンを一日中という状況を何とか改善出来ないものかと言ったお話をお聞きして、スタイロフォームを使った断熱工法をご提案させていただきました。

こちら東面は既存野地の上に30mmのスタイロフォームを敷き詰め、垂木を流し45mmの通気層を確保しました。換気棟で排出させ空気を循環させます。

 

 

IMG_0171 IMG_0188

IMG_0192 IMG_0193IMG_0225

西面も東面同様ですが、嵩上げにより広いスペースが生まれましたので、更に厚い45mmのスタイロフォームを敷き詰めます。

 

 

IMG_0235 IMG_0228

新設野地板として12mm構造用合板を貼ります。

 

 

IMG_0227

軒先に大きな開口が生じるため、鳥やコウモリ、またごく小さな虫をも遮る軒先換気口を取付けました。

ここまでが、屋根解体から木工事の作業の流れになります。

この後金属瓦と、金属サイディング工事に移っていきます。

ご閲覧ありがとうございます。引き続きご覧下さい。