Pocket


株式会社Sun Housing様の新築物件 Y様邸にてフランス瓦で下屋根と小屋の屋根を施工させていただきました。

弊社取扱いのイメリスTC社のラインナップで最も南欧風なカナル50をお選びいただきました。

 

 

Processed with MOLDIV Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

建物はもちろんのことですが、外構もとても素敵です。

私はこの小さな小屋がとても可愛らしいくて、お気に入りです。

 

 

DSCN0795

まずは防水シートを敷込みます。

 

 

DSCN0797

瓦の割り付け後、横桟を打ち付けます。

 

 

DSCN0806

次に縦桟を打ちます。ここからが、普通の瓦と違った施工となっていきます。

 

 

DSCN0804 DSCN0807

この瓦は、同じ半筒状の瓦を上・下とひっくり返して葺いていきます。

そして袖瓦もこの瓦で収めます。バレル瓦とも呼ばれております。

フランス南部やイタリア、スペインなどの南欧でよく使われており、その形状、また一枚一枚が色が異なるため、葺き上がりはまさにプロヴァンスの邸宅を彷彿させます。

 

 

DSCN0808 DSCN0810

この瓦は、㎡当たりの葺き枚数が通常の瓦の倍の上、様々な工程において手間が掛かります。

フレンチ調でもコスト重視で家をお建てになられる方には、不向きかもしれません。

ただその風格・質感・雰囲気は比類無く、より本物のフレンチハウスをお考えの方にはお薦めしたい瓦です。

 

 

DSCN0869 DSCN0872

小屋の屋根葺きに取り掛かります。

 

 

DSCN0974 DSCN0877

片流れの屋根ですので、棟に意匠を凝らします。

 

 

IMG_0304 IMG_0305

小屋の後ろからです。

漆喰面戸に瓦を埋め込みました。

例えば、漆喰の塗り壁に瓦を埋め込む そんな風にも使えます。

店舗の内外装、またお家のリビングの壁や外構の塀になど様々な使い方が出来ます。

アイデア次第で、お家造りが楽しくなりますね。

 

 

DSCN1202 DSCN1319

小さな可愛らしい小屋が完成しました。

 

 

DSCN1205 DSCN1207DSCN1210

下屋根も完成です。カラフルですがエイジング感が漂うとても素敵な屋根に仕上がりました。

色々な屋根材がありますが、土と火で作られた瓦にはやはり特別な趣があります。

焼き物である瓦は、その土地の風土を鮮明に映し出してくれます。

日本の土では、この瓦の持つ魅力を再現する事はできません。

 

 

Processed with MOLDIV Processed with MOLDIV

Y様とSun Housing様の想いが形となりました。

中を少し拝見させていただきましたが、内装・インテリアもナチュラルでとても素敵な仕上がりでした。

ご興味がお有りの方は是非一度、株式会社SunHousing様のホームページをご覧になって見て下さい。