Pocket


日本瓦修繕工事をご依頼頂きました。

 

P1030766

下り棟内部に水が廻り、鬼瓦を固定する銅線が腐食のため切れて

鬼瓦が落下していました。

 

P1030767

本来 雨水が通過する部分が詰まり、隅棟内に浸水してました。

 

P1030768

一度、隅棟を解体して、水分を含んだ土を撤去しました。

 

P1030769

同時に下り棟も一部解体しました。

 

P1030772

新しい鬼瓦を太い銅線で固定しました。

 

P1030776

隅棟、下り棟共、復旧して新しい漆喰を塗り、防水処置を施しました。

 

P1030779 P1030780

修繕工事完了しました。

日本瓦の場合、雨漏り箇所が特定出来て、的確なメンテナンスを施せば最少限の費用で、

屋根を長持ちさせる事ができます。

その為には、こまめな点検と雨漏りを放置しない事です。

私達プロにお任せ下さい。的確な判断で費用を抑え、雨漏りに対処いたします。