Pocket


屋上と3階バルコニーの防水工事をご依頼いただきました。

二か所とも経年劣化により、バルコニー内のシート防水はボコボコに膨れ上がり、屋上のシートに至りましては、完全にめくり上るなど、かなり悪い状態になっており、室内に雨漏りしていました。

今回はシート防水を撤去し、完全密着工法でウレタンX-2工法という防水工事をご提案、施工させて頂く事になりました。

 

P4240598 P4240600P4240601 P4240605

既存シートを撤去します。 同事にドレン落ち口廻りのゴミ、土など完全に取り除きます。

シートの下にはかなりの浸水が確認出来き、雨漏りの箇所も特定できました。

屋上は板金笠木も撤去しました。

 

 

P4240599 P4240602 P4240603 P4240606 P4240610 P4240609 P4240611

床全体を清掃後、カチオンで下地調整をします。

 

 

P4240614 P4240617 P4240621 P4240622

完全に乾いた後、プライマーを塗付します。

 

 

P4240626 P4240623 P4240625

プライマーが完全に乾きましたら、補強シートを敷きこみます。次にシートごと、主剤を塗付します。

主剤は二層塗りしますので、完全に乾くまでおきます。

ウレタンX-2工法は、天候、気温により工程が左右されやすいのですが、春の晴天で気温、湿度も申し分なく、工程は順調に進みました。

 

 

P4260639 P4240628 P4240634 P4240630

主剤をもう一層、塗付します。

こちらも完全に乾くまでおきます。

 

 

 P4260642 P4260643

最後にトップコート(保護材)を塗付して、防水工事は完了です。

 

 

P5010647 P5020649 P5020650

バルコニー内の鉄柵は、ペンキ塗装しました。

 

 

P5020651 P5020652

最後に屋上に板金笠木を取り付けます。

 

 

P5040654 P5040656 P5040660 P5040661 P5040664

 

防水工事は、構造物(RC.木造)などにより様々な工法が有ります。

また、ご予算などにも応じまして、ご提案させて頂きますので 何なりとご相談ください。

S様 どうも有難う御座いました。