本年度も昨年に引き続き、助成金制度が始まりました!

昨年同様、昭和56年以前に建てられた戸建、共同住宅で1/2以上を居住用途とするなど、一定の条件を満たせば耐震改修工事を行うにあたって助成金が受けられる制度です。

例えば、重い土葺きの日本瓦から軽い瓦(陶器瓦でも桟葺きならOKです)に葺き替えると、屋根の軽量化として20万、更に瓦を葺く前に下地補強として構造用合板を貼る事で10万円 計30万円の補助が受けられます。

その他色々な工事に対して、補助が受けられ負担を軽減する事が出来ます。

詳しくは、当社までお気軽にお問合せ下さい。

また、手続き等は当社にて代行致しておりますので、是非この制度をご活用下さい。