久御山町にお住まいのN様よりホームページをご覧いただき、日本瓦修繕工事をご依頼頂きました。

築35年以上の瓦屋根ですが、棟の一部を除いては瓦も葺き土も健全でしたので、棟一部の修繕と漆喰塗り直しをさせていただく事になりました。

 

 

P1050136 P1050137 P1050139 P1050141 P1050145

経年劣化により寄棟止まり部などの漆喰が風化し剥がれ落ちており、また一部棟熨斗瓦が抜け落ちるなどして天井に雨漏りしておりました。谷部も錆による浸食も著しいため、取り替える事にしました。

 

 

IMG_0186 IMG_0187

雨漏りをしていた寄棟鬼付近を一部解体します。

 

 

IMG_0214

谷辺りの瓦を一度撤去します。

 

 

IMG_0212 IMG_0218

新しくガルバリウム鋼板の谷を入れて、瓦を復旧します。

 

 

P1050138 IMG_0229

全ての漆喰は一度、古い物を除去してから塗り直します。

 

 

IMG_0219 IMG_0220 IMG_0223 IMG_0225

寄棟鬼廻りなどは、しっかりと漆喰を盛り、雨水が入らないよう型取りしていきます。

瓦に付いた白い薄汚れは、一度の雨で綺麗に流れていきます。

 

 

IMG_0227 IMG_0231

before                after

 

IMG_0233

 

下屋根も同様の施工をします。

N様邸の場合、瓦のズレも無く葺き土の状態が良かったため部分補修と漆喰塗り直しというメンテナンスを施しました。

傷みの度合いにもよりますが、早期のメンテナンスで瓦の寿命は延ばせます。軽度の雨漏りも放置していますと葺き替えを余儀なくされてしまいますので、やはり点検と早めの処置で家屋に掛かるランニングコストを下げる事が出来ると思います。

N様 この度は誠に有難うございました。