宇治市I様より 雨漏りのため、葺き替え工事をご依頼頂きました。

大屋根は日本瓦とシングル屋根との二段屋根に分かれており、下のシングル屋根の経年劣化のため屋根材表面から浸水している事が雨漏り調査の放水テストで判明し、原因を突き止められたので屋根材を撤去の上、金属屋根材に葺き替える事をお薦めしました。

あと 増築部の瓦棒屋根も赤錆で変色しており、室内には雨漏りしていないものの、数ヶ所腐食による穴が開いていたためこちらも同時に葺き替えをさせて頂く事になりました。

 

 

P1040061 P1040075P1040063 P1040064 

少しめくると、中に水が溜まっていました。

 

 

P1040062 P1040066 P1040068 P1040076

まず既存シングル材を撤去します。それと既存ルーフィングも全て取り除き、野地板の点検をします。

幸い野地板に腐食が見られなかっためこのまま施工する事にしました。

 

 

P1040073 P1040080

ゴムアスファルトルーフィングを下葺きします。

勾配が緩いため通常より重ね代を多くします。

 

 

P1040079

断熱・雨音消音・結露防止のため6mmのペフを敷き込みます。

 

 

P1040091

瓦棒立平葺き材をビス止めにて固定していきます。

 

 

P1040098

上部屋根との取り合いは、水切りにて納めます。立平葺きに変えたため樋を取り付けるスペースが無くなりましたが、下の樋を大型の樋に掛け替えたので、排水能力は大幅にアップしました。下の屋根に流し落とします。

 

 

 

P1040100 P1040101P1040106

もう一か所壁際から雨漏りしていました。

瓦が壁に潜りこんでいたのですが、板金捨板が入っていなかったので、雨漏りしていました。

瓦を一旦取り外し、葺き土、ゴミを取り除き板金捨板を取り付けた後、葺き土・瓦を復旧します。

最後に水切りを取り付けて完了です。

 

 

P1040103 P1040104 P1040105

仕上がりました。

立平葺きは従来の瓦棒葺き(葺き替え前の板金屋根です)に比べ、縦のラインが際立ち、スタイリッシュな仕上がりになります。

現在、新築・改修を問わず、よく使われています。またペフを敷き込む事により、断熱・消音効果も期待できますのでトタン屋根といった過去のイメージとは違うものになっております。

多様な屋根材より、お客様のご要望、ご希望に沿えます様に様々なご提案をさせて頂きますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

I様 ありがとうございました。