2020年2月の一覧

東山区 S様邸 屋根、葺き替え、外装リフォーム工事


Inkedimg20200229_12034697_LI※アンケートをクリックすると大きく見れます。

1.エリア名・お客様名

東山区 S様

2.工事内容

屋根、葺き替え、雨漏りの補修・修繕、トータル外装リフォーム

3.当社をどこでお知りになりましたか?

 当社ホームページ

4.当社にお決めになる際に重要視されたことは何ですか?

価格、担当者の対応

5.今回の施工に至るまでに他社様でもお見積りをご依頼されましたか?

【はい】とお答えの方、何社にお見積もりをご依頼されましたか?

はい 2社

6.当社の担当者の対応はいかがでしたか?

大満足

7.当社の担当者の技術・対応はいかがでしたか?

大満足

8.工事内容にはご満足いただけましたか?

大満足

9.次回も当社にご依頼いただけますか?

依頼する

10.ホームページにアンケートの回答や施工写真を掲載してもよろしいですか?

 はい

その他ご意見、ご感想、ご不明な点、担当者に一言などございましたらご記入をお願いいたします。

お忙しい時期にも関わらずていねいに御対応して頂き大変ありがたく思っております。

ありがとうございました。

南区 U様邸 カラーベスト屋根カバー工法 葺替え工事


南区にお住まいのU様より、カラーベスト屋根カバー工法による屋根葺替え工事のご依頼を受け、施工させていただきました。

屋根材はアイジー工業スーパーガルテクトSシェイドブルーを採用しました。

深みのある綺麗な青で、外壁の色と見事にマッチングしました。

 

 

RIMG3071  IMG_8327

    before          after

 

 

DSCN2266 DSCN2267 DSCN2269

    写真①         写真②         写真③

 

 

写真①②③

葺替え前の写真です。

屋根の勾配は6/10と急な傾斜になっております。

この傾斜が7/10となりますと立っている事が出来ません。

屋根足場が必要となります。

この屋根に葺かれている屋根材はカラーベストと呼ばれており、固有の商品名です。

正式名称は薄物化粧スレート瓦といいますが、過去には複数のメーカーがこれを生産しておりました。

現在はケイミュー株式会社のみが生産販売しております。

シェア独占率が高かったため、類似品も含めて幅広くカラーベストと呼ばれるようになりました。

この屋根材は経年劣化してくると表面が風化して粉がふいたような状態になり屋根に上がろうにも滑って歩けなくなります。

ここまでくると葺替えか屋根塗装と言ったメンテナンスが必要となります。

こちらの屋根は風化が始まる一歩手前と言ったところでした。

 

 

DSCN2270 DSCN2272

    写真④         写真⑤

 

写真④⑤

既存の屋根材に直接ゴムアスファルトルーフィングを張ります。

下葺き材といって防水シートの役割を果たします。

これがカバー工法の最大の特徴で、既存屋根材の廃棄処分費を削減したり解体に伴う工期を短縮したり出来ます。

防水シートを張った後はこの上に直接屋根材を葺いていきます。

 

 

DSCN2281 DSCN2280

    写真⑥         写真⑦

 

写真⑥⑦

こちらは棟換気を取り付けるための開口です。

弊社では屋根の葺替え工事の際に住宅性能を高める意味でリノベーションとして棟換気の導入をお勧めしております。

以前に屋根工事をさせていただいたお客様より別のリフォーム工事等のご相談をお受けしたときなど、棟換気導入後の体感的な効果などをお尋ねする事がありますが、概ねのお客様に効果を実感していただいております。

低費用で費用対効果が高いと思いますので、葺替え工事の際は是非ご検討ください。

 

 

DSCN2283 DSCN2282

     写真⑧         写真⑨

 

写真⑧⑨

開口部に板金水切りを取り付けます。

万が一の屋根材からの屋根構面内への漏水に備えてです。

板金の壁を造り、開口部からの雨漏りを防ぎます。

 

 

DSCN2285 DSCN2284

    写真⑩         写真⑪

 

写真⑩⑪

板金棟の木下地を打ち付けます。

その後ルーフィングで覆います。

 

 

DSCN2289 DSCN2288

    写真⑫         写真⑬

 

写真⑫⑬

屋根材を軒先から棟に向かって葺き上げます。

 

 

DSCN2290 DSCN2279

    写真⑭         写真⑮

 

写真⑭⑮

壁際の仕舞の写真です。

壁際は木下地を打ち付け、板金を被せます。

それにより壁際からの雨漏りを防ぎます。

 

 

DSCN2293

    写真⑯

 

棟板金の取り付けにかかります。

換気部の開口には専用の部材を取り付けます。

 

 

DSCN2298

    写真⑰

 

最後に換気孔のついた部材を被せます。

この孔から屋根小屋裏の空気が排出されます。

しかし雨水は侵入しない設計となっております。

 

 

DSCN2324 DSCN2321 DSCN2318

    写真⑱         写真⑲         写真⑳

 

 

写真⑱⑲⑳

大屋根の葺替えの完成です。

棟の突起物に見えるのが棟換気です。

美しく葺き上がりました。

 

 

DSCN2300 DSCN2303

    写真㉑         写真㉒

 

写真㉑

次は下屋根に取り掛かります。

手順は大屋根と同じですが、屋根材を葺き上げていくと壁に突き付きます。

写真㉒

屋根は全てゴムアスファルトルーフィングを張ります。

 

 

DSCN2304

    写真㉓

 

屋根材を張り上げます。

 

 

 DSCN2315 DSCN2312

    写真㉔         写真㉕

 

写真㉔㉕

下屋根も完成しました。

最後に仕上がった屋根に着いた足跡を拭き取りU様にお引き渡しです。

京都市内は景観条例で細かく区分され、ブルーの屋根を葺ける所は少ないのですが久しぶりに手がけさせていただいて、屋根の色で意匠性がこんなにも変わるものかと改めて感じました。

最後にU様 この度は屋根工事をお任せいただきまして誠にありがとうございました。