2020年4月の一覧

西京区 G様邸屋根改修葺替え工事


西京区在住のG様より、屋根改修葺替え工事をご依頼いただきました。

こちらのお屋根は前回の施工事例でご紹介させていただいた同じく西京区在住のM様邸と同様の屋根材ニチハパミールが葺かれてありました。

 

 

100_0139 100_0140 100_0137

この屋根材に関する特徴的な記述は、前回のM様邸の記事と重複してしまいますのでここでは割愛させていただきます。(品質の問題点やメーカーの対応など)

こちらG様邸では、この屋根材を撤去し陶器平板瓦で葺替えを行う事にしました。

屋根材は多様な種類が有り、素材や形状などにより性能や意匠性が大きく異なります。

陶器平板瓦とは、粘土を高温で焼き締めた比較的重い瓦となりますが、釉薬を塗りおよそ1100度の高温で焼くため表面がガラス質の被膜で覆われ変色や変質がしにくくなります。

そのためメンテナンスによるランニングコストは他の屋根材に比べますと低く抑えられる事が出来ます。断熱性にも優れ、地震や台風にも強い事が立証されています。

また薄物化粧スレート瓦には無い重厚感のある外観を気に入っていただけましたので新しく葺く屋根材は陶器平板瓦を採用しました。

 

 

100_0142

まずは既存屋根材を撤去します。

下葺き材が現れました。

この下葺き材は通称アスファルトルーフィング940と呼ばれる規格の製品で廉価なため新築によく使用されています。コストダウンのためです。

当社が使用する改良ゴムアスファルトルーフィングに比べますと、経年劣化が早く長期に及ぶ二次防水性能が期待出来ません。

 

 

100_0146 100_0150 100_0147 100_0151

既存下葺き材を撤去し、改良ゴムアスファルトルーフィングを敷き専用ステプラーで留め付けていきます。

 

 

100_0156 100_0159 100_0160 100_0162

この陶器平板瓦は瓦桟引っ掛け工法という工法で葺いていきます。

現在もっともポピュラーな瓦葺きの工法で、屋根に均等に割り付けたピッチで桟を打ち、そこに瓦の裏面にある突起物(おもに爪状のもの)を引っ掛け、ステンレス製スクリュー釘で留め付けます。

そのため地震台風に強いのです。

一昨年の大阪北部地震や台風21号の暴風で多くの家屋の屋根に甚大な被害が出ました。

その多くが土葺き瓦屋根と記憶しております。

その教訓もあるのでしょうか、現在次々とそのような屋根は葺替えが進められています。

 

 

100_0166 100_0165

瓦を葺く前にいろいろな役物を取り付けていきます。

例えば上の写真のように、屋根の両サイド(妻側 けらばなどと呼んでいます)には瓦を固定する桟木やこぼれた雨水を拾う板金などを取り付けます。

 

 

100_0168

瓦を葺く準備が出来てから瓦を屋根に上げます。

 

 

100_0177 100_0176

軒先から瓦を葺いていきます。

右の写真は軒先の瓦を特殊な形状の釘で留め付けた写真です。

軒先が一番風の影響を受けるため、瓦が風により吹き上げられ捲り上がるのをこの釘で防ぎます。

 

 

100_0173

瓦を桟に引っ掛けて棟まで葺き上げます。

ここは落ち屋根と呼んでいる箇所となります。

 

 

100_0178 100_0181

落ち屋根には写真のような壁との取り合いが発生します。

ここには水切りを取り付けなければなりません。

木下地を入れて板金を被せます。

これが水切りと呼ばれるものとなります。

 

 

100_0204 100_0203

大屋根の広い面も同様に棟まで瓦を葺き上げます。

 

 

100_0207 100_0210

地瓦(平面に葺く瓦)を葺き終えれば袖瓦を取り付けていきます。

先程屋根の端部に取り付けた桟にビスで固定していきます。

 

 

100_0194

地瓦を屋根の両面から棟に向かって葺き上げると棟瓦を取り付けるための桟木をあらかじめ屋根に仕込んでおいた受け金物に乗せ、ビスで固定します。

 

 

100_0197 100_0198

取り付けた桟木を包むように南蛮漆喰を塗りつけていきます。

この南蛮漆喰はセメントモルタルのように硬化します。

耐水性、撥水性に優れ、瓦の切断部からの雨水の侵入を防ぎます。

この後棟瓦を被せて施工完了となります。

 

 

100_0226 100_0217 100_0225

大屋根が完成しました。

使用した瓦は鶴弥スーパートライ110 タイプⅢという商品です。

日本の瓦三大産地である三州瓦(愛知県)のメーカーで、業界でもシェア率を誇る有数のトップメーカーです。

この瓦の特徴はその形状にあります。

平板瓦に有りながら、瓦の両サイドに設けた丸みのある窪みが伝統的な日本瓦を彷彿させて意匠性を高めています。

それでいて洋風な建物との相性も良く、瓦の色を変える事により多様な建築物に使用出来ます。

今回は銀鱗という色を採用しました。

いわゆる銀黒ですが、日照によりいぶし銀に見えたり黒に見えたりと表情を変えてくれます。

非常に趣のある瓦と言えます。

 

 

RIMG3493 RIMG3492 RIMG3490 RIMG3491

引き続き下屋根を施工します。

この下屋根には下のLDKの採光のため、アルミ製の天窓が設置してありました。

この天窓から雨漏りしており、今回の葺替え工事のご依頼はこの雨漏りが発端となりました。

 

 

RIMG3500 RIMG5357

木枠の角に雨漏りの痕跡が残っています。

 

 

IMG_3748 IMG_3749 IMG_3750

天窓は撤去する事にしました。

理由は採光により夏場の室内温度の上昇が著しく、また下に置いてある家具や物が日焼けを起こしてしまうこと、取り替えたとしても今後も経年劣化などによりまた雨漏りのリスクが残ってしまうことなどでした。

現在築年数20年を超える天窓を設置した屋根の雨漏りが急増しております。

多くは天窓のシール部やパッキン部であり、また施工当時に打設されたシーリングの劣化により天窓廻りの板金部からの雨漏りも多く見受けられます。

お客様の約7割の方は「塞いで欲しい」とおっしゃいます。

残りの3割の方は採光のためやむなくといった感じです。

当社ではやむを得ない場合を除きまして出来る限り撤去をお勧めしております。

 

 

IMG_3751 IMG_3752 IMG_3753 IMG_3755

撤去にあたり、室内側の補修が必要となります。

上の写真のように木枠を入れて断熱材を敷き、石膏ボードで塞ぎます。

後は既存に合うクロスで仕上げます。

 

 

100_0231 100_0232 100_0233

天窓を撤去した後は構造用合板を張り、ゴムアスファルトルーフィングを敷きます。

後は大屋根と同じ手順で作業を進めます。

 

 

100_0248 100_0249 100_0250

瓦を葺き上げると二方向に壁があるため、水切りの下地を取り付けます。

 

 

100_0256 100_0261 100_0254

板金水切りを取り付け、壁際にシーリングを打設すれば完成です。

天窓跡は瓦を葺く事で雨漏りのリスクは無くなりました。

また外観もスッキリとした印象になりました。

 

 

RIMG3496 RIMG5881

   before                                        after

工事が終わりました。

やはり屋根に重厚感がでて落ち着きのある佇まいです。

G様邸における屋根のメンテナンスはもうこれで今後必要無くなります。

 

最後にG様、大切な屋根の工事を弊社にお任せいただき誠にありがとうございました。

 

中京区 K様邸 屋根工事


Inkedimg20200410_10402970_LI※アンケートをクリックすると大きく見れます。

1.エリア名・お客様名

中京区 K様

2.工事内容

屋根工事

3.当社をどこでお知りになりましたか?

 当社ホームページ

4.当社にお決めになる際に重要視されたことは何ですか?

価格、担当者の対応

5.今回の施工に至るまでに他社様でもお見積りをご依頼されましたか?

 はい(合計2社)

6.当社の担当者の対応はいかがでしたか?

大満足

7.当社の担当者の技術・対応はいかがでしたか?

大満足

8.工事内容にはご満足いただけましたか?

大満足

9.次回も当社にご依頼いただけますか?

依頼する

10.ホームページにアンケートの回答や施工写真を掲載してもよろしいですか?

 はい

その他ご意見、ご感想、ご不明な点、担当者に一言などございましたらご記入をお願いいたします。

施工前、ご近所への挨拶回りをして頂けたのがありがたかったです。

施工後にも挨拶文を入れてもらったのでしょうか?お礼を言われる方がありました。

心配りありがとうございます。

西京区 M様邸 カバー工法による屋根葺替え工事


西京区にお住まいのM様より、カバー工法による屋根葺替え工事をご依頼いただきました。

現在葺かれている屋根材は薄物化粧スレート瓦でニチハと言うメーカーのパミールと言う製品です。

下の写真をご覧戴くと黒い屋根材の端々が白く見える所があります。

これは屋根材の層間剥離という表層からめくれていく現象が発生しているところです。

アスベストが建材に使用禁止になった時、屋根材のメーカーからはこの薄物化粧スレート瓦の製造から撤退するメーカーと、代用材を混入して製造を続けるメーカーとに分かれました。

軽くて強度のあるアスベストが使用出来ない事で、屋根材としての強度や性能が維持出来ないと判断したメーカーは撤退し、ニチハは代用材で製造を続ける事にしたのでした。

欠陥品との声がある中、ニチハは経年劣化と主張しております。

いずれにせよ新築引き渡し後十年を超えると瑕疵担保責任は問えなくなります。

所有またはお住まいになられてる方でメンテナンスをしていただく事となりますが、層間剥離が起こると経年劣化は加速的に進行しますので少しでも早いメンテナンス工事が必要となります。

 

 

IMG_2785 - コピー IMG_2779 - コピー

IMG_2778 - コピー IMG_2783 - コピー

工事は直張りによるカバー工法で断熱材付横葺き金属瓦 アイジー工業(株)スーパーガルテクトを採用しました。

直張りとは、既存屋根材を撤去せずに直接新しい屋根材を上から重ねて葺く工法です。

既存屋根材の撤去費用や処分費の削減や、それによる工期の短縮など様々なメリットがあり、現在薄物化粧スレート瓦の葺替えにおいてもっともポピュラーな工法となりました。

 

 

IMG_2798 - コピー IMG_2796 - コピー

まず屋根に防水シートとなるゴムアスファルトルーフィングを敷いて、ずり落ちないよう留め付けていきます。

その前に屋根面が平らになるよう板金や木下地は除去します。

 

 

IMG_2818 - コピー IMG_2811 - コピー

屋根材を葺いていきます。

突起物が見えますが、これは雪止めです。

 

 

IMG_2821 - コピー IMG_2824 - コピー

屋根材を葺き進めていき、換気棟を設置するための開口を設けます。

換気棟とは、屋根裏の空間の空気を循環させ自然換気により開口部から熱せられた空気を排出するシステムで、夏場の室温上昇の抑制をはかります。

開口部には、雨漏り防止のための水切りを取り付けます。(写真右)

 

 

IMG_2827 - コピー

木下地を取り付けた後は防水シートで覆います。

開口部も工事中の雨漏りを避けるため、一旦覆ってしまいます。

 

 

IMG_2830 - コピー

屋根材を頂上まで葺き上げ、防水エプトシーラーを張ります。

棟際に見える黒い帯状の物で、雨水の逆流を防ぐ物です。

 

 

IMG_2831 - コピー IMG_2832 - コピー

開口部を覆っていた防水シートを切り取り、雨漏り防止の水切りを取り付けます。

このように幾重にも水切りを取り付けるなど、防水処置を施すため雨漏りは発生しません。

 

 

IMG_2809 - コピー

屋根はその建物の設計によりいろいろな形状をしており、このような段差のある屋根を落ち屋根と呼びます。

 

 

 

IMG_2819 - コピー IMG_2838

この落ち屋根は反対方向からの屋根とぶつかる棟部が屋根の途中で出来るため雨漏り防止の処置が必要となり、技術を要する所になります。

勿論見栄え良く仕上げる事も必要です。

 

 

IMG_2836

このように美しく仕上がりました。

 

 

IMG_2841 IMG_2837

大屋根も最後に棟を被せて完成です。

 

 

IMG_2839 IMG_2850

IMG_2844 IMG_2847

金属瓦に施された特殊な縮み塗装が、日光に美しく映えます。

 

 

IMG_2789 - コピー IMG_2787 - コピー

正面の庇にはもう一回り厚みのあるスレート瓦が葺かれてありました。

ここは撤去して葺き直した方が綺麗に納まるため瓦を捲ります。

 

 

IMG_2791 - コピー

既存の野地の状態にします。

 

 

IMG_2804 - コピー

この上にゴムアスファルトルーフィングを敷き、板金役物を取り付けます。

 

 

IMG_2853 IMG_2852

金属瓦を葺き、壁際を仕上げます。

 

 

IMG_2887

正面右側に庇があります。

そこの葺替えをしました。

 

 

RIMG4015 IMG_2856

RIMG4016

建物の裏には三面の下屋根があります。

この部分はカバー工法で葺替えをしました。

 

 

IMG_2858 IMG_2877

壁際の不要な板金や木下地を撤去し、ゴムアスファルトルーフィング、新しい板金役物を取り付けます。

 

 

IMG_2866 IMG_2870

金属瓦を葺き、壁水切りを取り付け、壁際にシーリングを打ちます。

 

 

IMG_2871 IMG_2884

IMG_2883 IMG_2885

下屋根の葺替えも全て終わり、工事が完了しました。

リフォームでの葺替え工事はベランダやエアコン室外機などの設置物が多く、また狭所が多いためいろいろと工夫をしながら工事を進めていきます。

雨仕舞いは勿論の事、美しく仕上げる事が大事です。

その点がリフォーム工事における屋根工事の醍醐味だと私たちは考えます。

 

最後になりましたが、M様 この度は屋根工事をお任せいただきまして誠にありがとうございました。

【令和2年度】屋根の葺き替え工事は助成金が交付されます

 

屋根の葺き替え工事をすると、30万円の助成金が交付されるのをご存知でしたでしょうか?

京都市では令和元年度に引き続き、令和2年度も、耐震リフォーム支援事業を行っています。

 


受付開始日:令和2年4月10日(金)

 


 

但し、補助金制度を利用して屋根の葺き替え工事を行うには、いくつかの条件があります。

 

・葺き替える物件が京都市内であること
・昭和56年5月31日以前に着工されたもの
・一戸建ての住宅、長屋、共同住宅である

 

上記条件をクリアすれば葺き替え時の費用も軽減されます。
※予算枠がありますので年度内でも打ち切りになる事もございます。

 

● 安心・安全で 環境に優しい快適なすまいづくりを 応援します!!
【PDF】令和2年度 すまいの補助制度について ≫

【PDF】木造住宅の耐震・防火支援事業について ≫

【PDF】民間ブロック塀等の除却促進事業について ≫

【PDF】既存住宅の省エネリフォーム支援事業について ≫

【PDF】すまいの創エネ・省エネ応援事業について ≫

 

弊社では申請代行もいたします。費用は無料です。 是非この機会に、制度を利用して、災害にも負けない強い家づくりをご検討ください。