Pocket


上京区H様邸にて雨漏り改修葺き替え工事を施工させていただきました。

西京区K工務店様のご依頼です。

既存の瓦棒屋根(俗に言うブリキ屋根)が雨漏りしていたため、葺き替えする事になりました。

 

 

P1090726 P1090728

雨漏りしていたブリキ屋根は工務店様に撤去処分していただき、野地板の傷みが進んでいたため12mm構造用合板を貼っていただきました。

ゴムアスファルトルーフィング下葺きから弊社が施工しました。

 

 

P1090732

屋根に突き出た換気塔(エアコンの配管取込み口兼用)も造り直してもらいました。

 

 

P1090735

屋根材は嵌合式立平を葺きます。

和瓦との二重屋根のため、一度瓦の軒先部を捲り施工後、再復旧します。

 

 

P1090752 P1090753 P1090755 P1090756 P1090763

完成です。

京都市内にはこの様な瓦と板金の複合した屋根が多く見受けられます。天井高確保のためですが、緩勾配では和瓦は雨漏りしてしまいます。屋根勾配が取れない場合は板金屋根でしか対応できません。

瓦屋根が連なる景観が京都の醍醐味と言えますが、板金屋根もしっかりその景観を守るため、役割を果たし息づいています。

H様 K工務店様、この度は施工のご依頼 誠にありがとうございました。