お知らせ

【屋根のプロが教える!!ハウツー雨漏り修理その①雨漏りの原因は?】


屋根のプロが教える!!ハウツー雨漏り修理原因編

 

梅雨の時期に入り、突然の雨漏りで困った経験はないでしょうか?

実は、雨漏りの原因を特定することは一般の方では難しいことをご存知ですか?

現実に、業者さんに雨漏りした部分を修理してもらっても、なかなか雨漏りが止まらないことも多々あります。

 

では雨漏りは、いつなぜ起きるのでしょうか?

原因は大きく分けて、2つ

・建ててすぐ (築1年いないぐらい)施工上に何らかの不具合があった場合

・築10年経過後 経年劣化の場合

(※10年ぐらい経ってくると、太陽の紫外線や雨風の影響で外回りがだんだん劣化して、 シーリングや防水塗装が剥げてきたりする場合もあります。)

 

主な雨漏りの発生場所とは?

・「屋根の場合」

屋根の形状が複雑な場合、雨漏りする危険があります。 逆にシンプルな屋根形状・適度の勾配・防水シートと屋根材できちんと施工されていれば雨漏りする可能性は 低くなります。

 

・「屋上の場合」 ※おもにコンクリート住宅の屋根

防水層や何重もの塗装があっても、太陽の紫外線による経年劣化が進行する場合があります。

 

☆防水材の種類や立地条件などにもよりますが、10年前後には1度メンテナンスすることがおすすめです。

・「壁の場合」 取り合い部分などをシーリング剤で処理することが多いですが、シーリング剤は、経年劣化すると固くなって ひびわれする場合があります。

目安として、再シーリングや再塗装は10年ごとに行うことがおすすめです。

次回は、雨漏りの費用について紹介します。お楽しみに…

 

☆お得情報!!

また京都市内に在る住宅で、ある一定の条件を満たせば京都市の まちの匠の知恵を活かした京都型リフォーム支援事業の助成金制度を 利用する事が出来ます。

雨漏りの修理を期に、屋根の耐震化・軽量化を図られる方が大勢おられます。 最大30万円の助成金が受けられます。

弊社では制度利用の際のご案内や、手続き代行を無料で行っております。 ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


フリーダイヤル:0120-41-8714

【屋根のプロが教える!!ハウツー雨漏り修理その②屋根修理の費用相場】


屋根のプロが教える!!ハウツー雨漏り修理。屋根修理の費用相場編

 

雨漏りは、そのまま放置しておいたら、木材部分がどんどん腐っていったり、金属部分が錆て腐食が進み 結果的に修理費用が嵩む結果に…

 

天井からの雨漏りを放置した結果、大規模な補修工事につながる場合もあります。

 

 ここでは、雨漏り修理の費用相場をお伝えいたします。

 

【部分的な屋根修理の費用相場】

 

日本瓦の瓦差し替え(枚数・範囲により異なります) 一式5,000円~50,000円

*これを超える金額になる場合は、全面葺き替えとなるケースが多くなっていきます。

 

棟の積み直し(既存瓦による南蛮漆喰棟積み) m10,000~18,000円 *棟の積み段数・仕様により異なります。  足場架設が必要になる場合があります。

・施工前
IMG_2065

・施工中
IMG_2067

・施工後
IMG_2088

日本瓦の谷部 谷樋の取替え 一式50,000~200,000円 もしくはm7,500円 *谷樋の長さ・瓦の復旧範囲により異なります。

 

・施工前
DSCN0089

・施工中
P6270029

・施工後
IMG_7924

 

漆喰工事(棟や壁の熨斗瓦積みの漆喰工事) m3,500円(片面) 一式10,000~*350,000円 *屋根面積80㎡の寄棟 棟・壁共の塗り替えの平均的な目安です。 足場が必要な場合 別途となります。

 

・施工前
DSCN1033

・施工中
IMG_7904

・施工後
DSCN1155

 

カラーベスト屋根の棟取替え(棟板金の取替え工事 木下地込み) m3,800円~ *屋根勾配等により異なります。

 

シーリング打ち直し m700円~ *既存シーリング除去共 または一式3,000~25,000円

 

雨樋の修理 一式3,000~*250,000円 *屋根面積切妻60㎡ 二階建て  軒樋・竪樋全交換の平均的な目安です。 足場は必須となります。(150,000~250,000円)

 

【全体的な屋根修理の費用相場】

 

全体的な修理となりますと、おおむね葺き替えとなります。

 

例えば土葺き日本瓦から断熱材付金属屋根材に葺き替えますと 一般的な木造二階建て 屋根面積60㎡でおよそ85万円になります。 (瓦撤去処分から木下地・仕上げまで 足場別途)

 

同じ条件で軽量セメント瓦(ケイミュールーガ雅)ですと およそ100万円となります。

 

またカラーベスト屋根にカバー工法で断熱材付金属屋根材を葺きますと およそ55万円になります。(既存板金撤去・ルーフィング下葺き・仕上げまで 足場別途) *製品グレードにより異なります。

 

基本的に屋根や雨漏りの修理をご自身ですることはあまりオススメできません。

 

なぜなら、労働基準法およびその関係法令に定められた高所作業に該当するためです。( 高さが2メートルを超えると高所作業にあたります。)

 

次回は当社での雨漏り修理の流れをご説明します…

 

屋根修理・雨漏りのお問い合わせはこちら

 フリーダイヤル:0120-41-8714

【屋根のプロが教える!!ハウツー雨漏り修理その③屋根の調査・修理・修繕編】


【屋根のプロが教える!!ハウツー雨漏り修理その②屋根の調査・修理・修繕編】

 

当社では、雨漏りでお問い合わせをいただいた際は、『雨漏り調査』を行い、雨漏りの原因が判明しましたら、修理・修繕の作業をさせていただきます。

 

◆雨漏り調査

 

弊社では、目視 散水調査にて雨漏り調査を行います。 屋根の雨漏りは大半が目視で原因が判明します。 判断が難しいのが、屋根と壁の取合いがあるといった所で、こういう所は 散水調査を行います。 散水調査とは、ホースを使い出来るだけ自然の降雨を再現して 雨水の侵入箇所を特定する調査方法です。 怪しい箇所が複数ある場合は、時間差を設けて調べていきます。 場合によっては一日掛かる事もあります。

 

調査費用につきましては、目視と併せて無料で行うケースと 有料になるケースがあります。 有料となるのは、調査に時間を要すると判断された時 広範囲に渡って調査が必要と判断された時 また建物の構造上、複数回調査が必要と判断された時などです。

 

費用が掛かる際は、必ず着手前にお伝え致します。 目安として二名で一日掛かる場合 調査費40,000円となります。 使用する水道料金はご依頼者にご負担いただいております。

 

尚、発光液調査や赤外線サーモグラフィー調査等は行っておりません。 調査費用が高額となる上、目視と散水調査で現在100%原因究明と修繕工事を 完了しておりますので、弊社では必要無いものと考えております。

 

◆雨漏り修理・修繕工事

 

屋根の雨漏りの原因が判明しましたら、修理の方法や 掛かる費用をお伝えいたします。

 

施工不良 経年劣化に因る物か、台風等の自然災害に因る物か によって ご提案の内容も異なってきます。

 

施工不良や経年劣化に因る物では、部分的な修理の内容と費用 またご要望により葺き替えのご提案をさせていただきます。 今後のお客様のライフスタイルや将来展望をお聞きしまして 最適なプランをご提示致します。

 

台風等の自然災害による被害を受けた場合は、お客様が加入されている 火災保険で直す事が出来ます。 お手持ちの保険証書でご確認いただくか、保険会社様にご連絡されて ご確認いただくようおすすめしております。

 

壁からの雨漏りが判明した場合は、シーリングによる応急処置から 防水性外壁塗装やサイディングの貼り替え・新設など、様々なご提案を 行っております。


雨漏りの調査・修理・修繕のお問い合わせ先はコチラ

フリーダイヤル:0120-41-8714

 

【平成30年度】屋根の葺き替え工事は助成金が交付されます

shuwa-banner20180326


屋根の葺き替え工事をすると、30万円の助成金が交付されるのをご存知でしたでしょうか?

京都市では29年度に引き続き、平成30年度も、耐震リフォーム支援事業を行っています。

 



受付開始日:平成30年4月9日(月)




 

但し、補助金制度を利用して屋根の葺き替え工事を行うには、いくつかの条件があります。


・葺き替える物件が京都市内であること
・昭和56年5月31日以前に着工されたもの
・一戸建ての住宅、長屋、共同住宅である


上記条件をクリアすれば葺き替え時の費用も軽減されます。
※予算枠がありますので年度内でも打ち切りになる事もございます。


● 設置前に申請が必要になるなど、制度が大きく変わっています
【PDF】平成30年度 住まいの創エネ・省エネ応援事業補助金について≫


● 京都市にお住まいの皆様・住まいをお持ちの皆様へ
【PDF】平成30年度 住まいの補助金のご案内≫


弊社では申請代行もいたします。費用は無料です。
是非この機会に、制度を利用して、災害にも負けない強い家づくりをご検討ください。

H29年度まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業の受付が開始されました。


  :roll:  こちらをクリックしてください   :roll:

 

 

4月10日から29年度 まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業の受付が

開始されました。

 

制度の内容等はほぼ28年度と変わりがなく、

補助対象となる要件

(1)建物の所有者または居住者であること(所有または居住予定者を含む)

(2)京都市内の昭和56年3月1日以前に着工された木造住宅または京町屋等

   (一戸建て、長屋または共同住宅)

(3)店舗等との併用住宅の場合、居住部分の床面積が延べ面積の2分の1以上のもの

(4)現に居住の用に供してる住宅また補助事業の完了後、速やかに居住の用に供する住宅

 となっています。

 

また、補助金額についてはメニューごとに工事費用の90%を補助するものとされています。

例えば、屋根の軽量化を行い50万円掛かったとします。50万円の90%で45万円と

なりますが、45万円補助される訳ではありません。

限度額が20万円と定められていますので、満額の20万円を受給出来ます。

では25万円だったとしたら、25万円の90%で22.5万円となります。

このケースだと満額20万円の補助を受けて、自己負担は5万円となるわけです。

 

また、屋根工事に関するメニューでもう一つ屋根構面の強化というものもあります。

これは屋根の下地に12mm構造用合板を貼る事により強度を高めるものです。

こちらは限度額10万円と設定されており、通常、屋根の軽量化と合わせて施工を行います。

 

この様に屋根工事に関するメニューは屋根の軽量化と屋根構面の強化の二種類があります。

各メニュー限度額20万円と10万円合わせ30万円の補助を受ける事が可能となります。

例えば100万円の工事に対して30万円の補助が受けられれば自己負担はおよそ3分の1

軽減できる訳です。

 

また、屋根に関するメニュー以外に様々な耐震工事メニューも有り、組み合わせて最大60万円

の補助が受けられます。

本支援事業は建物の耐震化を主たる目的としている制度ですが、雨漏りをしている、していない

などは問われませんので、屋根から雨漏りがしてお困りになられている方にとっては、耐震化と

修理を兼ねた葺き替えの費用を軽減できるチャンスです。

 

但し、窓口での煩雑な手続きや屋根に上がっての写真撮影など行わなければならないため、

個人様でやられるには大変な作業となります。

弊社ではそれら一切の代行を無料で行っております。

 

28年度も沢山のお客様に喜んでいただきました。

この様な公的な制度を上手く利用し、費用軽減に繋げていただければ幸いに存じます。

 

 

   :roll: こちらをクリックしてください :roll:

平成28年度 耐震改修助成金制度始まりました!


本年度(平成28年)の耐震改修助成金制度が受付を開始しました。

制度が創設されて以来、少しずつではありますが、京都市民の皆様に制度が認知されてきております。

昨年は年度内に追加予算が組まれるなど、広く浸透しつつあります。

本年度は更に工事内容により助成金の上乗せがあり、受付開始直後から窓口が混み合う程の盛況ぶりとなっております。

弊社におきましても、昨年度は一昨年度より多数のお問合せ・受注を頂きました。

市の助成金制度のゆえ、面倒な申請手続きなどがございますが、弊社にお任せください。全て代行いたします。また代行費用は頂いておりません。

詳しくは当ホームページの助成金をクリックしてください。

 

 

屋根の葺き替え工事をすると、助成金が交付されます!!

shuwa-flyer

ご存知ですか?
屋根の葺き替え工事をすると、助成金が交付されます!!

京都市では前年度に引き続き本年度も耐震リフォーム支援事業を行っております。

例えば、屋根を葺き替えると(土葺き日本瓦から軽量瓦に)・・・

日本瓦を撤去して軽い瓦に葺き替える(屋根の軽量化)として最大200,000円
撤去後、野地板に12mm構造用合板を打ち付ける(屋根構面の強化)として最大100,000円
計300,000円が交付されます。

但し、いくつかの条件
・葺き替える物件が京都市内であること
・昭和56年5月31日以前に着工されたもの
・一戸建ての住宅、長屋、共同住宅である

等がありますが、条件をクリアすれば葺き替え時の費用も軽減されます。
(※予算枠がありますので年度内でも打ち切りになる事もございます。)

また、弊社では申請代行もいたします。費用は無料です。
是非制度を利用して頂けたらと存じます。

詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

第2回☆おもちつき大会☆を開催しました


1月10日 昨年に引き続き、本年もおもちつき大会を当社の倉庫敷地内で行いました。

ご近所のお客様や協力業者の方、また、娘のお友達とその親御様など大勢の方にご参加いただきました。

 

 

DSCN0311

準備が整いました。

 

 

DSCN0309 DSCN0312

左の写真は当社の腕利き大工さんが作ってくれた石臼台です。

去年まで使っていた台に代わり、今年新調しました♪

大変頑丈な造りで大工さんのこだわりが満載です✨

 

 

DSCN0317 DSCN0324

DSCN0330 1452484277036

いよいよ、おもちつき開始です。子どもたちも興味津々です☆

子ども用の杵も用意してましたので、後で子どもたちも交代してつきました(o^―^o)

 

 

1452682145513 1452489111867

つきあがったお餅は各々好きなように丸め、好きな味で食べてもらいました!(^^)!

 

 

Effectplus_20160113_200101 DSCN0351

他にも浜焼き、焼きそばなども用意しました。

 

 

P1060371

最後まで残っていただいたみなさんと記念の写真を撮りました♫

お天気にも恵まれ大勢の方々に集まっていただき、今年も大盛況のうちに終えることができました。

恒例行事として、来年も開催したいと思います。

ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました_(._.)_

久御山南工作所を移転しました。


この度、倉庫兼工場を移転しました。

本社隣の土地所有者の方からお話しをいただき、久御山で借りていた貸し工場を引き払って移転する運びとなりました。

長年拠点としていた久御山を離れるのは苦渋の決断となりましたが、3月より改築工事に取り掛かりました。

工事は全て当社の協力業者・協力会社さんにお願いをして、屋根・板金工事は自社で施工しました。

 

 

IMG_0007 IMG_0009 IMG_0010 IMG_0011

本社と棟続きの長屋造りのため、正面母屋の2階を残し、奥の離れを倉庫兼工場とし、1階部分は通路・駐車場とするため中抜きして母屋を鉄骨で補強。万全の耐震対策を施しました。

 

 

IMG_0076 IMG_0078 IMG_0132 IMG_0079

完成しました。下はアスファルトを敷きました

これからは、より地域に根付いた屋根工事・リフォーム店として皆様のお役に立てる様、頑張っていきます!

また今までお世話になりました久御山、八幡、宇治などのお客様には、これまで以上行き届いた万全のアフターサービス等心掛けていきますので、皆様何卒宜しくお願いいたします。

本年度の京都市の耐震改修工事の助成金制度 始まりました!


本年度も昨年に引き続き、助成金制度が始まりました!

昨年同様、昭和56年以前に建てられた戸建、共同住宅で1/2以上を居住用途とするなど、一定の条件を満たせば耐震改修工事を行うにあたって助成金が受けられる制度です。

例えば、重い土葺きの日本瓦から軽い瓦(陶器瓦でも桟葺きならOKです)に葺き替えると、屋根の軽量化として20万、更に瓦を葺く前に下地補強として構造用合板を貼る事で10万円 計30万円の補助が受けられます。

その他色々な工事に対して、補助が受けられ負担を軽減する事が出来ます。

詳しくは、当社までお気軽にお問合せ下さい。

また、手続き等は当社にて代行致しておりますので、是非この制度をご活用下さい。

1 / 212