施工実績

中京区O様邸雨漏り屋根葺き替え 外壁塗装工事


皆様 新年明けましておめでとうございます。

旧年中は沢山の方とご縁をいただき、誠心誠意工事に取り組ませて頂きました。

本年もお客様に本当に喜んでいただける工事を目指してまいります。

 

 

こちらは昨年12月に屋根葺き替えと外壁塗装工事をご依頼頂いたO様邸です。

まずは大屋根の施工前  施工後とご覧下さい。

 

 

IMG_0884 IMG_1036

大屋根 before                                     after

 

 

DSCN0097 IMG_1030

大屋根 before                                   after

 

 

DSCN0108 IMG_1075

 2F下屋根 before                               after

 

 

DSCN0110 IMG_1053

 1F下屋根 before                                after

 

 

 

IMG_0885 IMG_0886

IMG_0888 IMG_0889

 大屋根瓦撤去 着工前です。

 

 

IMG_0891 IMG_0892

IMG_0911 IMG_0914

瓦撤去しました。セメント瓦が葺かれていました。

瓦をめくると既存下葺き材の劣化状況がよく分かります。

この頃の下葺き材はビニール系のハイトンと言われていたものが使われていました。もちろん今は存在しません。

よく見ますと、シート同士離れてしまってます。30年経った劣化現象か当初からの施工ミスかは特定出来ませんが、いずれにせよ瓦の下に浸水しますと漏れてしまいます。危険な状態であった事は間違いありません。

 

 

IMG_0928 IMG_0933

古い下葺き材を剥がします。垂木の上に下地桟を打ち付けます。

既存下地の不陸具合を見ながら高さを決めて、屋根面を真っ直ぐに直していきます。

 

 

IMG_0924 IMG_0925

下地が出来ましたら、野地板を貼っていきます。12mm構造用合板です。

合板を敷き詰める事により、屋根構面の強化を図ります。

 

 

IMG_0953 IMG_0971IMG_0970 IMG_1084

屋根防水遮熱シートを敷き込みます。屋根材はケイミュールーガ鉄平を使いますが、その組み合わせとしてもっとも遮熱効果が高い遮熱ノアガードⅡを使いました。表面にアルミ層を付着させてあるため、屋根材からの熱をはじき返してくれます。

その熱は瓦と野地の間にある空気層を伝い、棟に設置した換気棟という部材から外に排出されます。

効率的な換気システムです。O様邸は3Fにご主人様のお仕事場があり、毎年夏場は暑すぎて作業が大変辛いとの事で、今年の夏はその効果を実感していただきたいと思います。

 

 

IMG_0979 IMG_0975IMG_0985 IMG_0987

屋根面に板金役物を取付け、瓦を葺き始めます。

 

 

IMG_0988 IMG_0997IMG_0993 IMG_0994IMG_0998

棟に2ヶ所 細長く開口を開け、換気役物を取付けます。

瓦を葺き上げ 棟瓦を取付け、施工完了となります。

 

 

IMG_0904 IMG_0898IMG_0905 IMG_0906 DSCN0105

続いて下屋根の施工に取り掛かります。

2F下屋根の壁と屋根の取り合い部から雨漏りしていたとの判断のもと、別の方が応急処置としてテープを貼ったようです。雨漏りの原因として屋根・壁の両方が考えられましたが、雨漏り修繕と外装メンテナンスを兼ねて葺き替えと外壁塗装工事をご依頼頂きました。

 

 

IMG_0935 IMG_0939 IMG_0941

瓦を撤去しました。

2枚目の写真ですが、防水シートが壁に立ち上がっていません。

これでは雨漏りしてしまいます。

 

 

IMG_0951

下地桟を取付け後、合板を貼ります。

 

 

IMG_0957 IMG_0958

遮熱防水シートをしっかりと壁面に対して張り上げます。

 

 

IMG_1004 IMG_1014IMG_1015

板金役物を取付けます。

 

 

IMG_1007 IMG_1008 IMG_1010 IMG_1011 IMG_1018

瓦を葺き、仕上げていきます。

 

 

IMG_1072 IMG_1073

下屋根が仕上がりました。

 

 

IMG_1033 IMG_1048IMG_1050

こちらは大屋根の仕上がりです。

 

 

IMG_1022 IMG_1058

1枚目の写真は塗装工事完了後、雨樋取付け前、2枚目は雨樋取付け後です。

 

 

IMG_1059 IMG_1060IMG_1061

ベランダデッキと波板も新調しました。

 

 

DSCN0096 IMG_1078

 

before                                          after

 

 

DSCN0095 IMG_1076

 before                             after

工事完了後の比較写真です。

今回の工事で外装メンテナンスと雨漏修繕を同時に行うことができ、お施主様に大変喜んで頂きました。

外装メンテナンス工事は足場設置が伴いますので、お施主のみならず近隣の方々にもいろいろとご負担になります。

屋根材には長期メンテナンスフリーのルーガ鉄平を使い、外壁塗装には定評、実績のあるエスケー化研の水性シリコン塗料をお勧め致しました。

またご予算、諸条件に応じまして様々なご提案をいたしております。

 

O様 この度は弊社にご依頼いただきまして誠にありがとうございました。

尼崎市O様邸カラーベスト屋根カバー工法葺き替え工事 ガルテクトF


 尼崎市O様より既存カラーベスト屋根重ね葺きカバー工法での葺き替え工事をご依頼頂きました。

 

そろそろメンテナンスの時期に入ったO様邸ですが、3階の部屋が勾配天井となっておりあまり天井高がありません。

そして2台ある天窓は低く採光量は申し分ないのですが、真夏のお昼時の暑さは尋常でなく、とても部屋に居てられない。エアコンフル稼働で電気代もバカにならない。と言ったお悩みもお聞きしましたので、断熱に重点をおいた葺き替え工事をご提案させていただきました。

 

 

DSCN0021 DSCN0018

DSCN0020 DSCN0022DSCN0015

 ・着工前

築15年程になるそうですが、やはり各所にひび割れ・浮き・ズレ等見受けられ、良いタイミングでメンテナンスをする事が出来たと思います。

 

 

DSCN0023

 ・軒先水切り取付

防水下葺材を敷く前に軒先水切りを取付けます。

 

 

DSCN0026 DSCN0031

DSCN0030

 ・天窓撤去 12mm構造用合板にて下地処理

天窓は撤去しました。採光より断熱を優先です。

撤去後開口部に木下地の上、12mm構造用合板を既存屋根面に合わせて不陸が出ないよう貼ります。

部屋内は石こうボードを貼り、クロス補修です。断熱材(グラスウール)も挟み込みます。

 

 

DSCN0034 DSCN0039

DSCN0044

 ・遮熱改良ゴムアスファルトルーフィング下葺き

天窓撤去と下地が終わりましたら、防水下葺材を敷き込みます。

今回は断熱効果を更に得るため、遮熱改良ゴムアスファルトルーフィングを使用しました。

この製品は通常のゴムアスファルトルーフィングにアルミ層を加えてあるため、輻射熱を遮る効果があります。

今回使用した屋根材:ガルテクトFにも断熱フォームが裏打ちされていますので、更なる効果が期待出来ます。

軒先水切りと防水下葺材の重なり部は防水テープを貼ります。

 

 

DSC_0017 DSC_0015

DSC_0016 DSC_0015

 ・ガルテクトF施工

いよいよ屋根材の取付けです。

役物を取付け、本体瓦を葺いていきます。

軒先から棟へ上がっていきます。3Mの長尺サイズなので施工はスピーディーです。

 

 

DSCN0041 DSC_0018

DSCN0053

 ・棟開口部換気棟取付

断熱に重点をおいた葺き替えで欠かせないのが換気棟施工です。屋根と天井裏との間に溜まった熱い空気を外に排出させます。

O様邸の屋根の軒天に数か所換気口が設けてありましたが、入った空気の出口が無くあまり機能してなかった様に思われます。

熱した空気は棟付近に溜まるので、換気棟を設けて外に排出させます。

1100mmの換気棟を4本、2連結で2本設置しました。天井面積100㎡分の換気能力です。

また取付ける事により、屋根裏の湿気を取り除き結露を防ぎます。

 

 

DSCN0077 DSCN0076

DSCN0070 DSCN0061

DSCN0059 DSCN0081

DSCN0080 DSCN0079

 ・工事完了

仕上がりました。ガルテクトFは表面を遮熱フッ素塗装を施しているため、メーカー20年保障が付きます。

20年間メンテナンスフリーとなります。断熱性・施工性・ランニングコストに優れているので弊社のお勧めの一つと言えます。

仕上がりも美しく、フッ素塗装により長きに渡りその美観を損なうこと無くO様邸を雨・熱から守ってくれるでしょう。

 

 

DSCN0074 DSCN0073

DSCN0072

 ・ベランダアルミテラス雨樋取付け

もう一つ、O様のお悩みがベランダアルミテラスの雨樋のオーバーフローでした。

原因は雨樋部が狭く、また落ち口も小さいためすぐに土や木の葉、飛来したゴミが堆積して詰まるためです。

どのメーカーのテラスにも同じような事が言えます。また掃除がしにくいのも共通して言えます。

抜本的な改良ができないものかといつも思います。

そこで雨樋部に20mm程度の穴を数多く開け、その下に新たに雨樋を設置します。こうする事で上の樋に土・木の葉などが堆積しても雨水は浸透して下に落ちるので、オーバーフローは防げます。また仮に溢れたとしても下の樋が受けます。

同じような事でお困りの方がいらっしゃいましたら、この工法をお勧めいたします。

 

O様 この度は施工をご依頼いただき誠にありがとうございました。

上京区H様邸雨漏り改修屋根葺き替え工事


上京区H様邸にて雨漏り改修葺き替え工事を施工させていただきました。

西京区K工務店様のご依頼です。

既存の瓦棒屋根(俗に言うブリキ屋根)が雨漏りしていたため、葺き替えする事になりました。

 

 

P1090726 P1090728

雨漏りしていたブリキ屋根は工務店様に撤去処分していただき、野地板の傷みが進んでいたため12mm構造用合板を貼っていただきました。

ゴムアスファルトルーフィング下葺きから弊社が施工しました。

 

 

P1090732

屋根に突き出た換気塔(エアコンの配管取込み口兼用)も造り直してもらいました。

 

 

P1090735

屋根材は嵌合式立平を葺きます。

和瓦との二重屋根のため、一度瓦の軒先部を捲り施工後、再復旧します。

 

 

P1090752 P1090753 P1090755 P1090756 P1090763

完成です。

京都市内にはこの様な瓦と板金の複合した屋根が多く見受けられます。天井高確保のためですが、緩勾配では和瓦は雨漏りしてしまいます。屋根勾配が取れない場合は板金屋根でしか対応できません。

瓦屋根が連なる景観が京都の醍醐味と言えますが、板金屋根もしっかりその景観を守るため、役割を果たし息づいています。

H様 K工務店様、この度は施工のご依頼 誠にありがとうございました。

亀岡市N様邸雨漏り改修銅谷取り替え及びカラーベスト屋根谷樋工事


亀岡市N様より雨漏り修繕工事をご依頼いただきました。

土葺き日本瓦屋根とカラーベスト屋根と別々の棟で雨漏りしていました。

瓦屋根の方は銅谷が経年劣化による穴開きを起こしており、室内に雨漏りしていました。

応急処置としてシーリングを塗付してありましたが、銅谷の取り替えをさせていただきました。

 

 

IMG_0375 IMG_0376

IMG_0380 IMG_0378

IMG_0381

日本瓦の場合、その波形状のため雨水が一点に集中して谷に落ちます。そのため金属の中で軟らかい銅は水滴が一か所に落ち続けますと、そこだけ薄く伸びていきます。そして最終的には穴が開きます。

水滴が落ち続けると石でも穴が開く原理です。銅より硬いガルバリウム鋼板やステンレス鋼板と言った材料での施工も考えられますが、瓦の下部で銅屋根と接続するため、以外の金属ですと電蝕によりその接続部が腐食していきます。

そういった事により同じ銅で谷を入れ替える事にしました。板の厚みも増しましたので向う数十年は大丈夫です。

 

 

IMG_0383 IMG_0384

IMG_0385

谷の入れ替えのため その周辺の瓦は一旦撤去します。棟の一部も谷が干渉するため一部解体します。

棟から浸水していた事の確認出来ました。谷の表面の色が変わった斑点の所が水滴が落ち続けた所です。

 

 

 IMG_0388 IMG_0387

古い銅谷を取り外します。下葺きにトントンという薄木片が敷いてあります。

 

 

IMG_0392 IMG_0393

IMG_0394

その上にルーフィングを敷き、下部の銅屋根と新しい銅谷を接続します。

 

 

IMG_0395 IMG_0397

屋根の両サイドに銅谷を乗せて、上部でその二つを繋ぎ合わせます。

写真の位置からはV字に見えますが、逆から見ますと八の字になるため八谷(はちだに)と呼びます。

 

 

IMG_0399 IMG_0400

IMG_0398

谷周辺の瓦を元通りに戻していきます。撤去時、土が崩れたり瓦の裏にくっついてきて取れたりするので、新しく土を入れながら葺き直します。

 

 

IMG_0401 IMG_0402

瓦を伏せ終われば、解体した棟を積み直します。

 

 

IMG_0403 IMG_0406

IMG_0407 IMG_0411

IMG_0412

 瓦屋根の完成です。後は漆喰で仕上げです。

 

 

IMG_0413 IMG_0415

IMG_0417 IMG_0420

別棟の雨漏りも修繕しました。

新しく谷樋を差し込みました。同じ茶色ですが、濃い色の部分が新しく入れた谷です。

施工完了数日後、大雨に何度か見舞われましたがもう大丈夫です。

大切な家を雨から守る事が私共屋根 板金職人の使命だと言えます。

水の流れを読むプロなので雨漏りを止めるのは当然だと言えますが、雨漏りが止まったと喜んで頂けるお施主様の声はやはり大変な励みになります。

N様 この度は誠に有難うございました。

兵庫県尼崎市N様邸屋根葺き替え工事


尼崎市のN様邸にて屋根葺き替え工事をさせていただきました。

3階建ての屋根で寄棟ですが、3面とも異なる屋根勾配で横葺き金属瓦の表面はチョーキング現象(経年劣化により表面塗装が微細な粉状になり、触れば指先にチョークの粉が付いた様になる現象)をおこしており、足場無しではとても屋根には上がれない状態でした。

 

 

P1060161 P1060162

P1060164

薄いグレー色に見えますが、施工当時は黒のはずです。屋根材は太陽熱・紫外線・酸性雨や黄砂、または鳥類の糞尿など建材の中でもっとも過酷な条件下にあります。ですから、いかに耐候性・耐久性に優れた屋根材を選ぶかが大事な事だといえますね。そして色々な条件のもと、最適な屋根材をご提案する事が私共の使命とも言えます。

 

 

P1060165

既存金属瓦の撤去が始まりました。

 

 

P1060168

やはり屋根の下に隠れていた所はまだ黒と認識出来ます。

 

 

P1060172

既存のルーフィング材は捲らず、軒先の板金を取り付けます。

 

 

P1060175 P1060177

更に上からゴムアスファルトルーフィングを敷きます。そして天然石付金属瓦の新東かわらSⅡの役物を取り付け、本体瓦を葺き始めます。

 

 

P1060181 P1060184

破風の軽カルが取れ落ちていたため、板金を巻きました。

 

 

P1060202

完成しました。樋も取り替えました。前の屋根材に比べ波形状の瓦のため重厚感があり、風格があります。

N様にも喜んで頂きました。弊社は京都のみならず兵庫、大阪、滋賀、奈良など近畿一円を営業エリアとさせていただいております。お気軽にお問合せください。

N様 この度は誠に有難うございました。

亀岡市K様平屋屋根葺き替え工事

亀岡市K様より平屋屋根葺き替え工事をご依頼頂きました。

築年数不明ですが瓦棒葺きと呼ばれる板金屋根で、古くからスタンダードな屋根材です。

 

 

P1040847  P1040849P1040852  P1040848

全体的に赤錆に覆われて、このままだといずれ穴が開きだします。

 

 

IMG_0370

屋根を撤去後、既存下地の上に12mm構造用合板を増し貼りしてアスファルトルーフィングを下葺きします。

 

 

P1090700  P1090701P1090699  P1090698P1090697  P1090696 P1090695

新しい屋根を葺きます。

これは撤去した瓦棒と同じものですが、大きな違いとして縦桟を使用しません。

どちらも縦に棒状の突起がありますが、このタイプは嵌合式立平葺きという木材を使わないもので、近年新築、リフォーム、葺き替えなどにおいて、ほとんどがこのタイプに取ってかわりました。見た目にもシャープな印象で、古い瓦棒屋根の葺き替えに一番のおススメです。

 

K様 ご依頼いただき誠に有難うございました。

中京区W様邸屋根葺き替え工事


中京区W様より屋根葺き替え工事をご依頼頂きました。

京都市の耐震改修工事助成金制度を使った工事となりました。W様邸は古京町屋で伝統構法で建てられているため、助成金の受給資格を満たしています。

また雨漏りもしていたため早急に修繕する必要がありましたので、葺き替えをさせていただく事になりました。

 

 

IMG_0281 IMG_0282

着工前です。

所々瓦が差し替えてありました。また瓦にラバーロック工法としてシーリングが塗付されています。

ほとんどの瓦は80年以上も前のものです。やはりいぶし日本瓦は寿命が長いといえます。

ただし、葺き土は違って経年劣化により表面が砂状になっていきます。葺き土は瓦と野地(木下地)との接着を担っていますので、砂状になっていきますと瓦にズレが生じてきます。一度瓦と土が剥離してズレますと、瓦を突き上げて元に戻してもまた瓦の自重で下がってきます。そのためラバーロック工法として、瓦にシーリングを打ち、固定するという工法がありますが、このシーリングを打つポイントを間違えますと、雨漏りを引き起こします。W様邸の場合もそれに由来する雨漏りが確認されました。

十数年前にこのラバーロック工法によるぼったくり商法が世間を騒がせ、今は影を潜めておりますが、当時職人とはいえない様な者が屋根に上がり、法外な料金を請求していました。この工法も水と瓦を熟知したプロが行えば問題は無いのですが…

いずれにしましても葺き土が寿命の場合は、土を葺き直し瓦を葺くか、違う屋根材で葺き替えるかなのですが、弊社では築年数が経った建物は特に屋根構面が脆弱な場合が多いので、構造用合板で構面強化して、軽量瓦での葺き替えをご提案しております。

京都市の助成金制度も弊社の提案とマッチングしていますので、制度を利用しての葺き替えをさせていただくことになりました。

 

 

IMG_0285 IMG_0287

 瓦を捲りますと葺き土の表面が砂の様に流れていきます。80年以上瓦を支えた土です。

お役目ご苦労様でした。

 

 

 IMG_0289

 葺き土を撤去しますと、杉皮、トントン、野地板と木下地が表れてきます。

この杉皮と、薄木板であるトントンを撤去します。

 

 

IMG_0294

 野地板が表れました。

実に細く、薄い板です。昔の瓦葺きは幾重にも材木を重ね、土を乗せる事で屋根構面を構築していました。

 

 

IMG_0300

 既存野地の不陸を直しながら、下地桟を打ち付けます。

 

 

IMG_0296 IMG_0297

 構造用合板12mmを貼ります 屋根構面強化は必須です。

 

 

 IMG_0316

 ゴムアスファルトルーフィングと言う下葺き材を敷きます。

これは屋根内部の結露や僅かに侵入した雨水を野地板から防ぐ防水シートです。釘穴のシール性に優れており、最近では主流の下葺き材です。

 

 

IMG_0322

隣接する屋根の間に板金をいれます。その他の屋根材の役物を取り付けていきます。

 

 

IMG_0334 IMG_0335IMG_0336 IMG_0344

金属瓦を葺きます。

今回は新東かわらSⅡという屋根材で施工しました。

 

 

IMG_0346 IMG_0349 IMG_0352 IMG_0353IMG_0372 IMG_0374

工事完了です。

瓦の波状が大きいため、重厚感があり、色も落ち着きのあるグレー色で和風住宅によく合います。

W様 この度はご依頼頂きまして誠に有難うございました。

 

上京区O様邸京町屋離れ平屋改築工事


O様より離れ平屋の改築工事をご依頼いただきました。

上京区の戦前築の京町屋の奥にあります離れを改築させていただきました。

老朽化が激しく、慎重に工事を進めていきます。

 

 

IMG_0137  IMG_0138-240x180

屋根の状態が悪く、雨漏り防止のブルーシートが掛けてあります。

 

 

IMG_6197

屋根は丸太梁を残して全て取り払いました。

母屋 垂木を設置します。

 

 

IMG_0166

構造用合板12mmを貼り、屋根の下地が完成しました。

その上にゴムアスファルトルーフィングを敷きます。

 

 

IMG_6205

屋根構面が完成後、全ての壁を撤去し柱だけの状態にします。

土台もほとんど入れ替えました。

 

 

IMG_0205

屋根を仕上げます。ガルバリウム鋼板の立平葺きです。

 

 

IMG_6208

屋根完成後、外壁を9mm構造用合板にて耐力壁とし、サッシをいれます。

 

 

__ 1

内壁も9mm構造用合板を貼り、天井下地を造ります。

 

 

IMG_6214

壁に断熱材を入れます。

 

 

IMG_6223

合板の上に防水透湿シートを貼り、サイディング壁を貼る準備をします。

 

 

IMG_0247  IMG_0248

完成しました。

後は雨樋を取り付け、室内に畳を入れるだけです。

改築前は取り壊しも考えておられましたが、完成後喜んでいただきました。

次は、母屋である京町屋に工事を進めさせていただきます。

伝統構法による建造物で、京都市の耐震改修助成金制度を利用した工事になります。

柱の根継ぎや土壁の新設・修繕など、より長く京町屋を維持出来るようメンテナンスを行っていきます。

京都の財産でもあります京町屋を保全する事に京都市も力を入れております。

制度を有効に利用して、私共も少しでもお手伝い出来ればと考えております。

O様 この度は誠に有難うございました。

 

山科区N様邸カラーベスト屋根葺き替え工事


山科区N様より葺き替え工事のご依頼をいただきました。

 

以前、天窓付近より雨漏りし、他業者に修理を依頼されましたが止まらず、弊社にお問合せ下さいました。

現場調査をしましたところ、随所にシーリングが施されてましたが適切な処置とは言えず、また施工不良と思われる点も多く見受けられましたので、屋根材の撤去と金属瓦への葺き替え、そして天窓の取り替え工事をさせていただく事になりました。

 

 

IMG_0149  IMG_0153IMG_0155

天窓廻りの瓦が至る所割れており、そこにシーリングしてありましたが、これらの割れ等は新築施工当時に発生したものも多くあると思います。この屋根材はカラーベストと呼ばれる無石綿スレート瓦で厚さ6mm程度と薄く、屋根面の不陸や重なり部の釘の浮き、板金役物との隙間の浮きなど施工時の踏み割れ等を起こしやすく、また経年劣化で更に深刻化します。それに由来する瓦の抜け落ちも多くみられます。天窓廻りはもっとも雨漏りしやすく、施工時に的確な防水処置を施さなければ雨漏りしてしまいます。

外部から一見しましても疑わしき点があったため、屋根材を撤去し合板を重ね貼りして金属瓦へと葺き替えさせていただきました。

 

 

P1060051

屋根材 下葺きルーフィングを撤去したところ、やはり施工不良でした。

防水テープは貼り付けてありましたがテープの隙間より浸水しておりました。木枠の角が黒く変色しています。

 

 

P1060053

下葺き材が茶色に変色しているところは雨水が入った跡です。

 

 

P1060058

下葺き材を撤去し、天窓も外しました。

 

 

P1060059

12mm構造用合板を上から重ね貼りしました。

後で新しい天窓の開口を開けます。

 

 

P1060063

天窓を新設します。サイズダウンしたものを取り付けました。

 

 

P1060112  P1060108

金属瓦を葺きます。IG工業のガルテクトと言う屋根材です。

断熱材が裏貼りしてあるため、断熱効果は抜群です。

 

 

P1060076

雨漏りしていたのは大屋根の一部でしたが、メンテナンスとして他の面も同じ金属瓦で葺き替え工事をさせていただきました。

こちらは既存の屋根材を撤去せず、上から重ねて屋根を葺くカバー工法にて施工しました。

今、カラーベスト屋根の葺き替え工事として重ね葺きカバー工法は改修工事として主流となっております。野地板に傷みがなく、ビスの保持力に問題がなければ重ね葺きにはメリットがあります。

まず、既存屋根材を撤去しないので廃材処分費が大幅に軽減されます。特に築15年以上のカラーベスト材にはアスベストが含有されているため、現行法律上、処分に多額の費用が掛かります。

次に工期の短縮です。撤去する手間が省けるからです。

屋根の上に屋根を乗せて大丈夫?とご質問される事もよくありますが、カラーベストと金属瓦を合わせましても陶器瓦の重量に満たないのでご心配には及びません。

また、現場調査にお伺いした時に、建築時の図面や確認申請書類等からの判断などをさせていただく事もありますので、ご安心してお問合せください。

 

 

P1060080

既存屋根の上に下葺材としてゴムアスファルトルーフィングを敷き込みます。

 

 

P1060081

金属瓦の役物を取り付けます。

 

 

P1060083

瓦本体を葺きます。

 

 

P1060119  P1060114P1060113

屋根の完成です。

この金属瓦は瓦の裏にポリイソシアヌレートフォームと言う断熱材を貼り付けているため、非常に高い断熱効果を発揮します。

またこの断熱材が金属瓦のデメリットである雨音も吸収してくれます、

施工後、お施主様にお話しをお伺いしたところ、断熱効果を実感されたとお話し下さいました。

 

 

 P1060103  P1060124

天窓を取り替えましたので、大工工事と内装工事も行います。

新しい天窓のサイズに合わせて木枠を造り、天井一面のクロスを一度剥がして貼り直しします。出来るだけ既存壁のクロスに近い色、柄を選んで施工いたしました。

 

これで全て完成です。

天窓は以前ついていたものよりも少し小さめのものを取り付けさせてもらいましたが、採光量がちょうどいい感じになったと喜んでいただきました。

 

N様、この度はご依頼いただき誠に有難うございました。

久御山町N様邸日本瓦雨漏り修繕工事


久御山町にお住まいのN様よりホームページをご覧いただき、日本瓦修繕工事をご依頼頂きました。

築35年以上の瓦屋根ですが、棟の一部を除いては瓦も葺き土も健全でしたので、棟一部の修繕と漆喰塗り直しをさせていただく事になりました。

 

 

P1050136 P1050137 P1050139 P1050141 P1050145

経年劣化により寄棟止まり部などの漆喰が風化し剥がれ落ちており、また一部棟熨斗瓦が抜け落ちるなどして天井に雨漏りしておりました。谷部も錆による浸食も著しいため、取り替える事にしました。

 

 

IMG_0186 IMG_0187

雨漏りをしていた寄棟鬼付近を一部解体します。

 

 

IMG_0214

谷辺りの瓦を一度撤去します。

 

 

IMG_0212 IMG_0218

新しくガルバリウム鋼板の谷を入れて、瓦を復旧します。

 

 

P1050138 IMG_0229

全ての漆喰は一度、古い物を除去してから塗り直します。

 

 

IMG_0219 IMG_0220 IMG_0223 IMG_0225

寄棟鬼廻りなどは、しっかりと漆喰を盛り、雨水が入らないよう型取りしていきます。

瓦に付いた白い薄汚れは、一度の雨で綺麗に流れていきます。

 

 

IMG_0227 IMG_0231

before                after

 

IMG_0233

 

下屋根も同様の施工をします。

N様邸の場合、瓦のズレも無く葺き土の状態が良かったため部分補修と漆喰塗り直しというメンテナンスを施しました。

傷みの度合いにもよりますが、早期のメンテナンスで瓦の寿命は延ばせます。軽度の雨漏りも放置していますと葺き替えを余儀なくされてしまいますので、やはり点検と早めの処置で家屋に掛かるランニングコストを下げる事が出来ると思います。

N様 この度は誠に有難うございました。